自分自身の壁を超える挑戦する意欲と実践力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ONEアクション手帳2018を手にされたある教育者の方から、

子供の教育についての見解をいただきました。

⬇︎

「ONEアクション手帳2018」が届き、封を開けた瞬間、

佐貴子さんの「熱い思い」がどどーんと伝わってきました。

ワクワク感がいっぱいの手帳です。

 

自分が変わりそう、進化しそう、これなら楽しみながらできそう、と感じさせる内容ですね。

我が家の娘に使ってみたらと勧めます。

 

こういうテイストで、子ども向けがあるといいですね。

小学生低学年~中学年、高学年、中学生、高校生版ができると、なんかいいなあと感じます。

 

「継続は力なり!」と先生から言われていても、継続できなくて、

自信を失っている子どもって多いです。

 

子ども時代からこのような手帳を使って、自分自身の壁を超える挑戦する意欲と実践力、

そして体験をすることで、可能性がドドーンと拓くような気がします。

 

ーー

 

この言お葉をいただいた時、思いが伝わった!と思って本当に嬉しかったです。

 

ONEアクション手帳は学生さんからシニアの方にまで使ってほしいと思って作りました。

私のまだ見ぬ孫や私の両親も使える手帳をと思ったのです。

 

それはこのONEアクション手帳で行う小さな行動目標が自分の人生を前に推し進めていくからです。

 

小さな行動目標=ONEアクションが、大きな成果を生むと言う事実を年齢問わず

体験して欲しかったのです。

 

それは「私はやったらできる」という自信がどれほど人の心を安定させ、

自信を持たせることができるのか。

 

私は今まで多くの方々に会ってきましたが、自分に自信を持っている人は、

人にも優しくできますし、事を辛抱強く成し遂げていくことができます。

 

その心をどうしたら育むことができるのかと考えたときに私は手帳だと思ったのです。

子供の頃からそれが育まれたらどういう未来が、世界が訪れるのか、楽しみです!

そして歳を重ねた人が例えば健康のために散歩に行く、その目標のために「靴を履く」という

ONEアクションをしたら、健康も維持できて覇気のある生活が送れると思います。

 

ONEアクション手帳のホームページの一番下には中高校生からシニアクラスの方まで、

ONEアクション手帳を使っていただきたいメッセージを書きました。

http://www.yamaguchisakiko.jp/a/

 

ONEアクションは行なっていくと、自分の目標設定の仕方しだいで、

自分が決めたことでも続けられたり続けられなかったりの違いがわかってきたり、

 

自分が自分に約束したことで、何があれば実行のために頑張れるのか?

逆に何があると頑張れないのかなど、自分の思考や行動の癖みるみる見えてきます。

 

親子で一緒にONEアクション手帳をつかい、一緒に毎月のONEアクションを考えるというのも

親子の絆づくりになるかーと思います。

 

ONEアクション手帳2018 山口佐貴子著 扶桑社 http://amzn.to/2xSIlQh

ONEアクション手帳HP(手帳の中身を詳しく公開!)http://www.yamaguchisakiko.jp/a/

コメントは受け付けていません。